ハイドロキノンやカネボウの成分は保険診療できるか

高い美白効果はほしいけれど、予算を考えると保険診療のほうがありがたいと思う人は多いでしょう。たとえば、カネボウのロドデノールやハイドロキノンは美白効果が高いことでもしられていますが、カネボウに至っては商品が販売中止になったという経緯もあります。高い美白をのぞむと、そのぶん副作用のリスクは高くなるということは頭においておかねばならず、カネボウの場合には使用されていた成分はビタミンAの加工物ではあったものの、もともとのビタミンとは違う物質になっていたため、よくあるビタミンC誘導体などとはちがってたくさんの人に副作用の白斑が出てしまう結果となりました。
そしてハイドロキノンも一部の皮膚科のクリニックでは処方が行われていてシミの改善に効果をあげていますが、大手のブランドからはハイドロキノンが配合されているスキンケア化粧品はまだでておらず、一部の企業のみから発売されています。これはカネボウのようにn大きなリスクを取りたくないからだとも言われていて逆にいえばハイドロキノンがそれほど大きな効果を持っているともいえます。
このような成分をつかった治療をするときには、たいてい保険診療にはならず、自由診療になってしまうために治療費も高くなりがちですが、大手からではないものの、ハイドロキノンが入ったクリームは市販もされているため、インターネットの通販で購入することもできます。配合濃度は皮膚科のハイドロキノンよりは低いですが保険診療にならない治療を考えればお得にシミケアができる方法としておすすめです。市販でスキンケア化粧品を買ってケアをしていくなら、アルムチンやエラグ酸といった成分も美白には効果があります。

市販のハイドロキノン配合化粧品についての情報サイトです。気になるシミや小じわの悩みを解決してくれるハイドロキノン。出来れば手軽にドラックストアなどで購入したいですよね?