市販化粧品に含まれるハイドロキノンの濃度

ハイドロキノン、高い美白効果があり、自宅で簡単にシミやニキビ跡を消すことができます。ビタミンCの100倍もの効果があり「肌の漂白剤」と言われるほどその美白効果が高いため、以前は医師の処方箋がなければ購入することができない処方薬でした。2001年に化粧品規制法が緩和され、一般に販売される化粧品にも配合することができるようになりました。現在でもハイドロキノンは美容外科や皮膚科などで処方されていますが、それらのハイドロキノンは濃度が4%、5%の濃度のものとなります。濃度が高いものは今でも処方箋がなければ購入することは出来ません。では、市販化粧品に含まれているハイドロキノンの濃度はどのくらいなのでしょうか。
日本では厚生労働省により市販化粧品へは2%までの濃度で使用ができます。そのため、市販化粧品は1%~2%の濃度で配合されているものが多くあります。濃度がひくい分美白への効果は穏やかだと言われていて、敏感肌の人などには市販化粧品程度の濃度の方が向いています。ハイドロキノンの美白効果が高いため、シミやニキビなど気になる箇所があるわけではなく、肌全体を白くしたい場合には、ハイドロキノンによる美白効果が肌全体に行き届くため、白斑と呼ばれるハイドロキノンを塗った場所だけ白くなりすぎてしまう症状を抑えることも可能です。まだ、皮膚から見ることのできない肌内部のシミ予備軍もケアできる点では、市販化粧品の低濃度のものの方が使いやすいです。処方薬であるハイドロキノンの濃度が4%、5%のものになると、刺激が強くなり肌がピリピリとしてしまう人も多いため、顔全体に使用するのは避けた方が良く、患部にのみ塗り込む方法になります。

市販のハイドロキノン配合化粧品についての情報サイトです。気になるシミや小じわの悩みを解決してくれるハイドロキノン。出来れば手軽にドラックストアなどで購入したいですよね?